ばいあぐらって?知らない男は損?夢の薬バイアグラ18年の秘密

世界初のED治療薬バイアグラ

ファイザー社によってばいあぐらの開発プロジェクトがスタートしたのは1990年代前半のことです。
有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、元来は血圧降下剤として研究、開発がされていました。
しかし臨床試験の結果から、副作用として治験者のペニスの勃起が見られたために、そこに着目したファイザー社の研究チームにより、当時としてはまったく前例のなかった世界初の勃起不全治療薬の開発がスタートした経緯があります。
そして1998年、アメリカでの発売をを皮切りに、翌年1999年にはわが国でも勃起不全治療薬として認可され発売がスタートされました。
ナチュラルな効果のレビトラやシアリスとは決定的に異なるのは、その爆発的な勃起力でしょう。
とにかくギンギンに硬く、大きく、というならばバイアグラほどの治療薬はありません。

わが国では薬事法でクエン酸シルデナフィルの量が25mgと50mgのものが認可されているので、病院で処方されるのはこのどちらかとなります。
しかし海外から100mgのものを購入・通販することが可能です。
今でも一部では質の悪いコピー品が流通しているばいあぐらですので、購入・通販する際は信頼のできる業者を慎重に選び、自分の体質にあった成分量のものを選ぶようにしましょう。
効果はもちろんですが、鼻づまりやほてりなどの副作用も成分量に比例して出やすくなります。
副作用が重篤な場合はすぐに使用を中断して医師の診断を受けましょう。

一般的な日本人の体格であれば50mgで十分な効果があると言われています。
ピルカッターなどで錠剤をカットし、半分の成分量として服用すれば経済的でもあります。
バイアグラの併用禁忌薬には、血圧の極端な低下が危惧されるニトログリセリン系の薬品などいくつかがあるので、注意するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
世界初の勃起不全治療薬、バイアグラの魅力をわかりやすく説明させていただきましたが、今でも勃起不全治療薬にばいあぐらを購入・通販する人は世界中にいるのです。